無添加住宅リノベーション無添加住宅が目指す家のカタチ


1

家族の健康を守る、
安心・安全な家

イワコンハウス

シックハウス対策として、各メーカーは「F☆☆☆☆(フォースター)建材」を使用することで【安全】を謳い、国は「24時間換気」を義務付けました。ですが、それは本当に安全なのでしょうか。

シックハウス症候群とは、新築直後の室内空気汚染によって引き起こされる病気です。一般的な住宅では、大量の揮発性化学物質を含んだ建材が使われており、それらが原因となってシックハウスは発症します。そして大人に比べ、子どもの呼吸量は2倍とも言われます(体重1kgあたりの呼吸量を比較)。悪い空気をたくさん吸えば、その分、シックハウス症候群になる危険性も大人に比べて高くなります。

人体に影響がある有害物質は数え切れない程ありますが、国が規制しているのは「ホルムアルデヒド」と「クロルピリホス」のみ。これでは、基準をクリアしたとしても安全とは言えません。

無添加住宅では、人工的に作り出された化学物質(化学接着材)だけでなく、自然界のものであっても「人に害のあるものを極限まで排除した家づくり」を行っています。

イワコンハウス


2

長寿命を
実現する家

イワコンハウス

日本の住宅寿命はわずか「30年程度」と言われています。その理由の一つとして、コストダウンや工期を優先した「化学建材による住宅の大量生産」が挙げられます。そういった住宅は、その化学接着剤を含んだ化学建材が20~30年で劣化し、それがそのまま住宅の寿命になってしまうため、もともと永く住まうようにはできていないのです。

ただ一方で、日本にも神社やお城のように数百年前から存在する建物も多くあります。

無添加住宅はこのような昔ながらの建物をお手本に「100年住める家」を目指し、「漆喰」「ムク材」「天然石」「米のり」「柿渋」などの自然素材と職人の技術によって、ご家族の歴史と物語を何世代にも受け継いでいただける家づくりを進めています。また、構造材にムク材、基礎パッキンに御影石を使用していることも長寿命の実現に繋がっています。

イワコンハウス


3

火災に
強い家

zuhan_REASON

多くの住宅メーカーが唱える「火災に強い家」は、外からの火に対する強さがほとんど。たしかに総務省の調査では「放火(または放火の疑い)」は出火原因の約20%を占め、少なくはありません。しかし、原因の多くは「コンロ」「ストーブ」など室内からの出火であり、外からの防火性だけでは不十分です。

そして、実は、火災による直接的な死因は「焼死」ではなく、家が燃えたときに発生する「有毒ガス」が原因だと言われています。つまり、一般的な住宅で使われている床塗装用のウレタンや壁天井のビニールクロス、キッチンの扉などのメラミンフォームが燃焼することにより化学兵器にも使われる青酸ガスやダイオキシンが発生し、それを吸った瞬間に気絶。その間に室内の燃焼が進み酸素が無くなり、一酸化炭素によって中毒死してしまうのです。

一方、無添加住宅のムク材は無塗装で、殺虫処理にも薬剤を使用していないため、燃えてしまっても有毒ガスが出にくい素材です。そして、極めて耐火に優れた「漆喰(しっくい)」が延焼を防いでくれます。

zuhan_REASON


4

メンテナンス費用を
抑えた家

イワコンハウス

next

メンテナンス表はこちら

住宅の平均メンテナンス費用は、国土交通省の調査では「総額1,000万円以上」と公表されています。しかし、多くの住宅メーカーは、それを説明することなく販売しています。例えば、屋根は(素材によって異なりますが)10年毎に塗装が必要になり、およそ30年目に茸替えが必要です。外壁に使用するサイディングの場合、おおよそ10年に一度の補修、30年目になると張り替えが必要になってきます。

一方、無添加住宅は仕様によって多少異なりますが、最も費用が掛かる屋根・外壁の補修費用がほとんど必要ありません。ただし、無添加住宅であっても、エアコンや給湯器などは使える年数が限られており、将来的な交換に備える必要は有ります。

当社では、そういった将来必要となる補修費についても、新築時の打合せの際にご説明させていただいております。

イワコンハウス
next
メンテナンス表はこちら

スタッフブログ
無添加ギャラリーはこちら
お問合せはこちら
資料

見学会情報
お施主様宅訪問見学
モデルハウス体験
施工事例の写真
イベント
見学会
スタッフ紹介
top
mail