お客さまの声お客さまの声
No.23

新潟市
西区

■家を建てようと思ったきっかけは何ですか?
住んでいたところ(賃貸)が取り壊されることになって、最初は分譲マンションを考えていました。ですが、マンション購入も新築も値段が変わらないぐらいだったので、それなら家を建てようと思いました。

■無添加住宅を選んだ決め手はなんですか?
一番大きかったのは営業の小澤さんです。話が合いやすいというか、すごく話しやすくて。
あと、無添加住宅の「アレルギー等があまり出ない」という所も良かったです。私自身、吸引系のアレルギーがあって、検査すると全部反応が出るんですよ。

■土地はどうやって見つけましたか?
職場の近くで探していたのですがなかなか見つからなかったです。自分で探すのをほぼ諦めかけていた時に(営業の)小澤さんがこの土地を見つけてくれて紹介してくれたんです。地質的にも良くて(地盤が強く、水害も起こりにくい場所で)、希望にピッタリでした。

■こだわったところはどこですか?
家づくりを進める時に「楽に生きたい(生活のランニングコストを下げる)」と「楽しい暮らし」というのをテーマに作りたいと相談しました。

■家事楽導線を意識しながら作っていかれたんですね。
はい、LDKが手前と奥の両方から通れるようにとか、玄関からまっすぐ洗面・浴室へ繋がるようにとか。収納も入れるものを想定してコンセント位置やコード配線などを考えて丁度よいサイズにしてもらったりなど、細かい部分までこだわることができました。
本が多くあり、手元に置けない分はずっと実家に置いていました。新築を機に全部引き取ろうと思って、本棚が何メートル必要か測ったんですよ。でも、私の見積りが甘かったみたいで(足りなくて)、まだ何冊か実家に置いてあるんです。書斎にも本棚があるので、そっちに「2軍」を置いていこうかなと考えています。

■家づくりで参考にされたものはありますか?
ピンタレストというサイトを見て、キッチンのイメージやこういうインテリアが欲しいなと考えていました。「多分、素人があれこれ言っても失敗するだろうな」と思ったので、このサイトを見て、私が好きなものと嫌いなものを全部コーディネーターの高橋さんに伝えて落とし込んでもらいました。
毎回打ち合わせの時に、紙に『好きなもの/嫌いなものリスト』を作って何枚かまとめて渡していたので、ちょっと引かれていたかもしれないですね(笑)。「こんなの毎回作ってくる人いませんよ」って言われちゃって。
あと、自分が良く使っているものをどこに置いているかを気にして生活するようにしていました。いつもテーブルに置いちゃう物を、いつもいる場所に置けるようにしたほうがいいなと思って。
一番悩んだのは服の置き場です。以前は洗濯物を取り込んだりするのが面倒くさくて、いつも椅子とかにバサッと掛けてしまっていたんですよ。アレルギーがあって外には干せないのでどうしようかと考えていたのですが、洗面脱衣室に干す場所を二つ付けてもらって、乾いたものはそのまま収納できるようにしてもらいました。

■なぜ石屋根を採用されたのですか?
デザインに一目ぼれしたのと、私が生きているうちは替えなくていいというのがあったからです。屋根に使われている石(クールーフ)は専門的に言うと頁岩(けつがん)というんですけど、昔の泥が圧力を受けて板状に固まったような石で、よく習字の硯に使われています。最近だと、オシャレな居酒屋さんでプレートとして使われているのを見かけますよね。
最初、(営業の)小澤さんと話をしているときに家のランニングコストに関わる試算表を見せてもらったんですよ。一般的な屋根だと何年で交換が必要で、この素材だと何年とか、どのくらい金額が掛かるのかとか、すごく丁寧に説明してくれて、長い目で見たらコストパフォーマンスが良いと思いました。

■ありがとうございました。

y1
y2
y3

y4

t1
t2
t3
t4

t5
t6

スタッフブログ
無添加ギャラリーはこちら
お問合せはこちら
見学会情報
お施主様宅訪問見学
モデルハウス体験
施工事例の写真
イベント
見学会
スタッフ紹介
top
mail