お客様の声 Voice

やはり「他に無い」というところが決め手ですかね

新潟市東区

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

ご主人様: 以前は近くのアパートに住んでいたのですが、子どもも産まれたので、いつかは家を建てたいなと思っていました。
工場を建て替えた時に、どうせなら家も同じタイミングで、消費税が上がる前にできたらなということで。

無添加住宅(イワコンハウス)を選んだ理由・決め手はなんですか?

ご主人様: 私がこういう仕事(畳店)をしているので、いろいろな住宅会社さんを見ていたのですが、やはりこの「漆喰の壁」というのが他社さんには無かったんですよね。白くて明るいじゃないですか、それが僕的にはいいなぁと思ったのでイワコンさんを選ばせていただきました。

奥様: いくつか展示場を回っていたのですが、ちょうど冬くらいに無添加住宅の展示場を見学して、中に入った時の「わっ!暖かい!」という感覚が一番印象に残っています。「エアコンだけなんですか?」「こんなに暖かいんですか?」って。

ご主人様: 夏場もそうだよね。どっちも「エアコンだけなんですか?」というのが驚きでした。

奥様: 空気もカラッとしていましたね。湿気を吸ってくれている感じがしました。

ご主人様: 妻も言っていましたが、夏場、湿気が無いというのがいいですね。クロスとかでキレイに見せることはできると思うんですけど、漆喰を全体的に使って、これだけの清潔感は他に無いじゃないですか。やはり「他に無い」というところが決め手ですかね。

スタッフの印象はいかがでしたか?

奥様: 営業の小澤さんは、すごく丁寧に対応していただいて、たまにフレンドリーで(笑)

ご主人様: 工事の坂井さんは、(現場で気になったことを)その都度よく説明してくれたり、細かいことも連絡くれたり、丁寧に対応していただきました。

コーディネーターの高橋さんはこちらの想いを細かく聞いてくれましたね。あと、長男が恐竜好きで、高橋さんも恐竜が好きだったみたいで、いろいろ良くしていただきました。子供もすごく喜んで。仕事以外のことも気にかけもらえて、ありがたかったです。

あとは高尾社長かな。社長は家業を始めた頃(祖父の代)からお世話になっていまして、契約の時に「あなたのじいちゃんはね…」と昔話をしてくれて。そうやって昔のことも覚えていて、さすがだなぁと思いました。

家づくりでこだわったところはどこですか?

ご主人様: やっぱり仕事柄、畳スペースをなるべく多くしたかったです。

ご主人様: 主人の部屋をつくったんですけど、二人とも音楽が好きでCDの数がものすごいので、それを収める棚をその部屋に作って欲しいとお願いしました。

ご主人様: 小澤さんがアパートまでCDの枚数とサイズを測りに来て、ピッタリの棚になりました。あとは、リビング階段があまり好きでなくて、どうしても分けたかったんです。
子供が大きくなって思春期を迎えた時のことと、冬場の空調のことも考えると、別にしたいなと思ったんですよね。しゃれた感じと言うよりは、使いやすい間取りにしたいというのがありました。

打ち合わせはどうでしたか?

奥様: 当時妊娠中だったので、最初の頃は私も同席していましたが、その後の細かい部分は主人に任せていました。打ち合わせで展示場に行った時に、飲み物にカフェインレスのものがあってありがたかったです。(笑)
あと、長男がまだ年中さんだったので、じっと座っていられなくなった時に子供部屋で遊ばせていただけて、すごく助かりました。

スタッフ・コーディネーターからの提案で良かった点はありますか?

奥様: 当初、吹き抜けは考えてなかったんですよ。でも、「(隣にある)工場が高いので、吹き抜けにしないと暗いですよ」と言われてつけていただきました。確かにこれが無かったら暗かったと思います。

ご主人様: そうだね。工場が吹き抜けの窓くらいまで高さがあるので、(吹き抜けが)無かったらこんなに明るくなかっただろうなと。「吹き抜けはあったほうが良いですよ」という提案が良かったです。

奥様: それが一番ですね。

ご主人様: あともう一つ!私の趣味部屋なんですが、音楽を結構大きい音で聴くことを伝えると、工事の坂井さんから「防音も考えて一枚厚い板を入れましょうか」と言っていただきました。部屋で大きい音を出していても、下の階にいた妻に「音聞こえた?」と聞くと「ぜんぜん!」って言っていたので、板を入れてもらってよかったなと思いました。

完成したときの感想はいかがでしたか?

ご主人様: やっぱり率直に嬉しかったですよ。

奥様: まだ家具も何も入れてない状態の部屋に入った時に「わー、白い壁って明るいんだなぁ」って思ったのを覚えています。

ご主人様: やっぱり明るいよね。

住み心地はいかがですか?

奥様: 引っ越して来たのが、ちょうど梅雨明け前の季節だったと思うんですけど、室内干しした洗濯物がすぐ乾いたんですよ!「パパ乾いたよー!すごいね、しっくい!」と言ったのを覚えています。
湿気を吸ってくれるという話は聞いていましたが、あそこまで洗濯物の乾きが早いとは思わなかったですね。

ご主人様: 湿度が低くて過ごしやすいですよ。ただ、1年目の冬は思った以上に乾燥しましたが、2年目以降は(湿度も)落ち着いて大丈夫でした。

あとは、床が冬場でもすごく暖かいんですよ。ただ、小さい子供がガンガン遊ぶのでやっぱり傷つきますね(笑)

メンテナンス講座に出たことはありますか?

奥様: 講座はないですが、アフターケアで来ていただいた時に(補修の)やり方は聞きました。が、まあ追いつかないんですよ。小さいお子さんがいるご家庭は諦めた方がいいと思います。(笑)
傷もまた良き味になるということで。(笑)年を取ってから、「これは子供が一生懸命遊んだ証だ」と思えばね。

ご主人様: あと、どっちもたばこを吸うんですけど、そうすると普通ならずっとニオイが残るじゃないですか。それがしばらくするとまったく無くなりますね。壁にたばこの汚れも付かないし。漆喰はすごいですね。本当にびっくりしました。

お家の気に入ってるところはどこですか?

奥様: みんなが集まるここ(リビング)ですかね。時々吹き抜けの窓から月が見えるんですよ。夜起きて、すごく明るいと思ったら月明かりだ!ということがあるんですよね。

ご主人様: ほんと眩しい時あるよね。

奥様: やっぱり、吹き抜けで窓を付けてもらって良かったです。

ご主人様: あとは、リビングの真ん中に畳があるんですが、ゆっくりしている時に足に畳があたるのがとても好きです。

玄関の畳もこだわりですか?

ご主人様: そうですね。京都の昔の建物とかは玄関が畳で、自分も取り入れたいなと思っていました。やっぱり入れて良かったです。

これからどんな暮らしをしていきたいですか?

奥様: ほんと言うと、今回取材に来ていただくのに、こまごました物を色々な所に仕舞いまして。(笑)子供が成長してくると、また暮らし方も変わってくるのかなと思いますけど、まだ想像がつかなくて。でもやっぱり、もっとスッキリさせてシンプルな暮らしをしていきたいなと思います。

ご主人様: やっぱりスッキリさせた暮らし、していきたいですね!

資料請求 モデルハウス イベント情報