お客さまの声お客さまの声
No.05

三条市

2

■家を建てようと思ったきっかけ、理由はございますか?
一つは、猫を飼いたかったからです。アパートだとなかなか飼えないので。あとは、自宅を「仕事場」兼用にして通勤距離をゼロにしたかったんです。
■ビルダー選びはどのように行いましたか?
適切な表現なのかわかりませんが、「一般的なお家にしたくないな」という思いがありました。

あとは「日本家屋」のデザインではなく「ヨーロッパ風の家屋」にしたいと思っていました。

なのでナチュラル系、ヨーロピアンを売りにしている会社を選んで、展示場やモデルハウスを見学に行きました。会社で数えると8,9社くらいですが、見学した建物は何十件にもなります。相当な数を見学しました。
■無添加住宅by.iwacon houseとの出会いは?
ある日、テレビを見ていたら、TeNY住まいるプラザ住宅展示場のCMが流れていて、そこに建っている各社の家の外観が映った時に「あ!あの外観デザインいい!見たことないかんじ!」と思ったのが、イワコンハウスさんの展示場だったんです。それで、見に行くことになりました。
■実際に建物をご覧になっていかがでしたか?
最初は手が届かないなと思いました(笑)これは「憧れ」の参考だなと。
■無添加住宅by.iwacon houseを選んだ理由、決め手はなんですか?
「他にはない感覚」です。なんて言ったらいいんだろう。たくさんモデルハウスや展示場を見たけど無添加住宅の展示場に入ったら心はもちろん、「身体が開く感覚」があったんです。解放される印象の展示場は初めてでした。

その「開く」かんじは、無添加住宅のなせる技なんでしょうね。それは本当に大きな決め手でした。

よそのモデルハウスや展示場に行くと素敵だな~という視覚的な高揚感はあるんですけどなんかこう「身構える」「窮屈」という印象があったんです。

あと、家づくりに健康的とか、身体にいい・やさしいということを重要視していなかったんですが、
無添加住宅を実際に感じたらそれらがすごく大事なんだと思いました。気持ちや感覚といった見えない部分にすごく大きく関わってくるんだな~って、実感したんです。

仕事場兼用にするとなると、これから家にいる時間が多くなるので、尚さらそれらを大事にしたいと考えました。

実は最後までイワコンさんと迷っていたところが1社ありました。そこのデザインがすごく好きでした。

でも、その会社のモデルハウスに行くと必ず頭が痛くなってしまって・・・。化学物質に反応していたのかもしれません。なので自分の家でもこんな風になってしまうのかとを想像したら、んー、無理だなと。最後は、やっぱり気持ちいい家を選びました。

あまり主張したり要望を言わない夫も「無添加住宅は臭くない」と言ってましたからね(笑)

7

■スタッフの印象はいかがでしたか?
とてもホッとする印象でした。スタッフさん同士、仲が良い印象も受けました。

住宅メーカーのスタッフというと営業的な姿勢で迎えられることが多くてこちらが身構えてしまうんですよね。

私はナチュラル系の家を選んで見学していたのですが建物の雰囲気とスタッフの応対にギャップが生じて、違和感をおぼえる会社もありました。せっかくの家の印象がスタッフによって変わってしまうんです。

でもイワコンさんは無添加住宅のナチュラルでやさしい雰囲気とスタッフさんの自然な姿勢にギャップがなくて、とても良かったです。

ほっこりとした「どうぞご覧ください」の雰囲気を感じました。そしてその後は、「信頼できるな」という印象になりました。

最初は会社名や建物で候補をたてますが、その次の選択肢はスタッフになるのではと思います。あの営業マンなら相談してもいいかな、あの人だったら想いを受け止めてくれるかなということになりますからね。
■建物でこだわった点はございますか?
自分の仕事場にもなるわけなので、雰囲気、ディティールですね。とにかく自分の好きなものに囲まれたかったんです。

あとは、仕事とプライベートの空間を別けること。それは、単に間取りでということだけではなくお客様をお通しするスペースには、一般的には使わない素材やデザインを持ってくることで、ちょっとした意外性や非日常をつくり出したかったんです。
■打ち合わせや完成するまでの感想はいかがでしたか?
打合せに関しては、「よく私に付き合っていただいたなー」という思いしかありません。それに尽きますね。アクセル全開の私に、夫がブレーキ掛けてくることもありましたから(笑)

工事中は現場を毎日のように見れてすごく良かったです。自分の思い描いていたものが形作られていく過程を見れるってワクワクしますし、すごく楽しかったです。

62

■完成した時の感想はいかがでしたか?
日々造られていく様子を写真撮影していたので完成した時は、もう「遂に!やっとできたー!」という感動ですね。

だけど、ここに住むんだって実感は湧かなかったです(笑)

とにかく工事期間は冬まっただ中でしたから厳寒の中、作業してくださった監督さん職人さんに感謝の気持ちでいっぱいでした。
■住み心地はいかがですか?
すごくいいです。明らかに夫が家にいる時間が長くなりました(笑)

どこかに行くより家にいるのが心地いいし、一番楽しいらしいです。

やっぱり展示場で感じた心と身体が「開く」感覚を夫も感じているんでしょうね。

私は住んでみて、
●過不足ない
●さりげない
●丁度いい
●家が、私を野放しにしてくれる
という言葉が浮かびます。

言葉にすると、ふわっとサラっとした印象ですが、これって結構すごいことだと思います。

これは、漆喰をはじめとする天然、自然素材によるところが大きいとすごくかんじます。

木の模様を人工的に作ってプリントした合板と本物の木が自ら生み出している色や木目とでは波長というか、受ける印象がまったく違うんです。

光が当たった時、特にそれを感じます。

ビニールクロスと人が塗った漆喰も一緒です。

やっぱり、自然のものに包まれるのがいいなとシンプルにそう感じますね。

あ、そういえば今年、梅雨に気付かず過ごしました。知らない内に梅雨が終わってたんです(笑)

夏は、エアコン3回しか運転しなかったんです!風通しがいいのと漆喰のおかげですかね。

お客様もサラっとしてて気持ちいいねとおっしゃってました。
■気に入っているところはございますか?
吹き抜けのある空間、広がりある空間が心地よくて好きです。アイアン手摺から見下ろすスペースが私的にこの家の「絶景ポイント」で、歯磨きしながらボーっと眺めてしまいます(笑)

小さい家ですが、贅沢な空間「吹き抜け」をつくって本当に良かったです。

ちょっとムダかなと思えることもムダではなかったなと。

あと、ダイニングに腰掛けて、広がる景色に四季を感じながら朝食をとるのが最高です。「絶景ポイントその2」です。

あとは、石屋根ですね。営業担当の方がマルチカラーのクールーフを勧めてくれたんです。変わった色合いや紋様に戸惑いましたけど、なんかおもしろそうだなと思ってそれを選びました。結果、マルチカラーにして良かったです。

イワコンさんでは、我が家が1棟目「初」のマルチカラーの屋根とのことで今思えば、私がどこにもない家にしたいという言葉を受けて提案してくださってたのかなと。
■これからどんな家にしていきたいですか?
化学建材にはないエイジングを楽しみたいです。劣化ではなく風合い・味わいを増していく自然素材の変化を見ていきたいです。

家とずっともっと仲良くしていきたいなと思っています。






















スタッフブログはこちら
施工事例ブログはこちら
無添加ギャラリーはこちら
お問合せはこちら
見学会情報
お施主様宅訪問見学
モデルハウス体験
施工事例の写真
イベント
見学会
スタッフ紹介
top
mail